荒れた芝で波乱の可能性あり?~熱田特別予想~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
熱田特別を予想します。

中京1400mのWIN5といえば
9人気のエグレムニが
勝利したことを思い出します。

上位人気で買いたい馬が
いなければ穴からいくことも考えます!

熱田特別で
上位人気馬3頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

熱田特別(2勝クラス)予想

このレースではどんな観点が必要?

熱田特別は去年まで芝2000mで施行されていたので、中京芝1400mの豊橋特別を例に出します。
内前が恵まれているなら、内前を取れる馬を狙いたい。差せる馬場であれば、後方から差せる馬を狙いたい。今日のファルコンステークスを見る限りは内前が有利と考えるので、その位置を取れる馬を優先したい。
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

2020年豊橋特別の直線入口

2020年の豊橋特別で勝ち馬は先行馬、2,3着は差し馬だったこともあり、馬場によって買う馬を決めたい。

差せる馬場であれば、後方勢でも可能性はある

中京芝1400mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

コーナーまでの距離が長く、直線が長いので末脚が鋭いサンデー系の種牡馬が走りやすい

  • 枠順の有利不利はあまりない
  • 末脚が鋭いサンデー系の種牡馬が走りやすい
    • 前残り馬場が起こることがあるので注意!

上位人気考察

2,3勝クラスでは以下の条件を満たす馬を中心に考えます。

条件
  1. 前走掲示板を確保している
  2. 前走3人気以内に支持されている

以上の条件で買いたい馬がいなかった場合は、条件を緩めて勝ち馬を探します。

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇アンブレラデート(岩田望)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • 前走は現級で掲示板を確保している
  • 2走前の現級内容を評価している
    • 内前の馬場傾向で、外枠を引いてしまう不利があった

アンブレラデートは前走、不利な展開の中勝ち馬に0.4秒差にまとめた内容を評価をしたい。また、2走前の2勝クラスの内容を評価している。勝ち馬に0.7秒離されたが、内前の馬場傾向で、外枠を引き、差し競馬をするという不利があった。レースを見れば分かるが全く力を出せておらず、今回の巻き返しに期待したい。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 左回りの経験が少ないのがどうか
  • 特徴(強み)があまりない馬な印象があるので、勝ちきるまではどうか
    • 強烈な末脚がある、粘り強さがある、先行して抜け出す器用さがあるなど

左回りの経験が少ないのが気になる。また、近走を見ていて特徴(強み)が見えなかった。例えば、「強烈な末脚がある」、「逃げて粘り強さがある」、「先行して抜け出す器用さがある」といった特徴を生かして勝利すると考える。本馬はそういったインパクトに欠けるので勝ちきるまではどうか。

🏇タイニーロマンス(福永)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は3点

  • 前走の内容を評価している
    • 距離短縮→同距離(ここは馬にとって厳しく感じる)という厳しいローテーション
  • 2走前に同舞台で勝利経験あり
    • 先行競馬ができる脚質も強み
    • 左回り向きの戦績である
  • 中京の鬼、福永騎手が騎乗する

タイニーロマンスは前走の2勝クラスの内容を評価している。2走前に短縮ローテを経験し、その後同距離だった前走は厳しいローテーションだった。抜け出してから、脚色が鈍っていた。今回は同距離→同距離ローテなので、前走よりパフォーマンスを上げてくると予想する。また、2走前は同舞台で勝利を挙げており舞台設定も問題ない。左回り向きであり、先行競馬ができることも強み。それに加え、中京の鬼福永騎手への乗り替わりは大きなプラスだろう。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 先行競馬をしたいので、内枠を引きたい
  • 差しが決まる馬場になっていると、前走同様何かに差されてしまう可能性がある

枠順に大きな不利はないコースだが、スムーズに立ち回りたいので内枠が欲しい。外枠だと外を回されてしまう可能性がある。また、差しが決まる馬場になっていると、前走同様何かに差されてしまうイメージは沸く。馬場を最後まで確認しておきたい。

🏇ラヴケリー(池添)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は4点

  • 前走は距離延長ローテーションという厳しい展開だった
    • 今回はそこからの同距離ローテーションであり、巻き返しが見込める
  • 3走連続、現級で上位人気に支持されている
  • 父のカレンブラックヒルはマイル以下の適性が高いサンデー系種牡馬である
  • 頭数が少ない時に1-0-1-0と良績が集中している

ラヴケリーは前走、1200m→1400m(距離延長)という厳しいローテーションだった。今回はそこから同距離ローテなので巻き返しが見込める。また、3走連続、現級で上位人気に支持されている実力馬である。
父のカレンブラックヒルはマイル以下の適性が高いサンデー系種牡馬であり、期待できる。差し馬であるが、頭数が少ない時に良績を残していることもプラス。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 追込脚質なので、展開・馬場に左右されてしまう
  • 1400mで勝利がない

頭数が少ないとはいえ、追込脚質なので、展開・馬場が向かないと勝ちきるまではどうか。また、勝利は全て1200mであり、1400mで勝利がないことが気になる。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇テリーヌ(富田)

この馬は対抗予定。強調材料は2点

  • 2走前の同舞台での内容を評価している
    • 厳しい距離延長ローテーションでありながら、勝ち馬に0.4秒差
  • 相性の良い富田騎手が継続騎乗する

テリーヌは2走前の同舞台での内容を評価している。1200m→1400m(距離延長ローテーション)という厳しい展開でありながら、勝ち馬に0.4秒差だった。また、本馬に7度騎乗して、1-0-3-3という相性の良い富田騎手が継続騎乗するものプラス。

現時点の予想

現時点予想

◎タイニーロマンス
○テリーヌ
▲ラヴケリー
消アンブレラデート

以上、「荒れた芝で波乱の可能性あり?~熱田特別予想~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

上位人気にあまり買いたい馬がいないので、タイニーロマンス+1頭で勝負する予定。