【吾妻小富士ステークス(OP)予想】~☔予報だと恵まれる馬は?!~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
吾妻小富士ステークスを予想します。

福島ダート1700mはマクって動ける
器用さのある馬を狙いましょう!
週末の☔雨予報にも触れています。
楽しんで読んでください!

吾妻小富士ステークス
上位人気馬5頭の考察、不安材料
穴馬1頭の考察
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎ケンシンコウ
○エクレアスパークル
▲ミヤジコクオウ
△ブラックアーメット
△ベルダーイメル
★ラーゴム
消ニュートンテソーロ

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

吾妻小富士ステークス(オープン)予想

このレースではどんな観点が必要?

徐々に位置を上げ
直線を迎え
れる馬
を狙いたい
第3象限→第2象限を通過できる馬!

福島ダート1700mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

福島ダート1700mは
機動力が問われるコース

  • 1コーナーまで距離があまりないので
    内枠だと押し込まれるリスクあり
  • 3~4コーナーは
    スパイラルカーブになっている
  • ある程度前に付けて
    マクれる馬
    が有利

上位人気考察

いーの

上位人気各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との
相性を中心に評価します。

🏇エクレアスパークル(荻野極)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は3点

  • ローカル1700m適性が非常にある
    • 直近3戦の
      ローカル1700mは2-1-0-1
    • 3走前の門司ステークスが
      ローカル1700mの勝ち方のお手本
    • 道中から位置を上げていける脚質が
      イメージにピッタリ
  • 前走のマーチステークスは
    初重賞で健闘した
    • 展開、馬場共に不向き
    • 外差し有利の展開・馬場の中
      内枠から先行して
      直線でも進路を内に取っていた
  • 本馬を理解している
    荻野騎手へ手綱が戻る
    • 今回も外目の枠を引ければ

エクレアスパークルは2走前の門司ステークスで対抗にした。その際の回顧コメントが以下。

晩年のハーツクライ産駒はダート走る

https://keiba-analysis.com/win5-keyjanuary/

次走以降、1700m戦に出走してきたら狙おう思っていた。ローカル1700m適性が非常にあり、直近3戦のローカル1700mは2-1-0-1と良績が集中している。3走前の門司ステークスがローカル1700mの勝ち方のお手本だった。道中から位置を上げていける脚質が勝ち馬のイメージにピッタリな印象を持った。また、前走のマーチステークスは初重賞で健闘しただろう。外差し有利の展開・馬場の中、内枠から先行して、直線で進路を内に取り敗戦。不利が重なったこともあり、前回の敗戦は度外視で良いだろう。本馬を理解している荻野騎手へ手綱が戻ることは大きなプラスで、外枠を引ければ勝ち切るチャンスありだろう。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 1700mを勝利した時に比べれば
    相手関係が一気に強化される
  • 1700m適性のみで人気しすぎる
    可能性がある
  • 8歳馬なのがどうか
    • ヒストリーメイカーで学んだが
      8歳で勝ち切るまでは
      厳しい可能性がある

1700mを勝利した時に比べれば、今回、相手関係が一気に強化されるのが気になる。1700m適性のみで人気しすぎるのであれば、過信しすぎるのは禁物だろう。マーチステークスのヒストリーメイカーで学んだが、8歳で勝ち切るまでは厳しい可能性がある。

🏇ケンシンコウ(丸山)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は4点

  • 2走前に東海ステークスに出走している
    実績面を評価
    • ダート中距離は
      チャンピオンズカップ
      東海ステークスなどの中距離重賞に
      出走していることが強い馬の証
  • 前走のマーチステークスは
    外差し有利の馬場の中、先行し2着
    • 位置を上げて直線を向ける
      脚質も評価
    • 上がり2位の末脚を使っていた
  • 5走前、同舞台で行われた
    ジュライステークスが非常に強かった
    • 後の重賞馬である
      メイショウハリオに
      0.8秒差を付けて勝利
  • 今週末、福島競馬場は☔雨予報である
    • 渋った馬場はパイロ産駒

ケンシンコウは2走前に東海ステークスに出走している実績面を評価している。ダート中距離はチャンピオンズカップ、東海ステークスなどの中距離重賞に出走していることが強い馬の証。前走のマーチステークスは不当な人気薄だっただろう。そのマーチステークスは外差し有利の馬場傾向の中、先行し2着だった。道中位置を上げて、直線を向けた脚質も評価できる。道中動いて、上がり2位の末脚を繰り出せたのは力を付けている証拠だろう。また、5走前、同舞台で行われたジュライステークスが非常に強かった。後の重賞馬であるメイショウハリオに0.8秒差を付けて勝利。福島ダート1700mが最も合う舞台の可能性がある。それに加え、今週末、福島競馬場は☔雨予報であり、前走のように重馬場になればパイロ産駒の本馬は恵まれるだろう。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 本馬の買い時は人気薄でこそ
  • 前走のように位置を取る競馬を
    してくれればいいが2,3走前のように
    後方からの競馬になると厳しい

本馬は安定感がない馬であり、人気になった状態で買うのはどうなのか。買い時は人気薄でこそという気がする。また、前走のように位置を取る競馬をしてくれればいいが、2,3走前のように後方からの競馬になると勝ち切るまでは厳しい。どのような戦法を取るか、陣営コメントを最後まで確認してから買うか決めたい。

🏇ニュートンテソーロ(丹内)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は4点

  • 前走のポラリスステークスは
    昇級初戦ながら2人気に支持されていた
    実績面を評価
  • 関東馬であり、長距離輸送がなくなる
    • 前走は阪神→今回は福島
  • 距離延長ローテで位置が取れそう
  • 明け3戦目は2-0-0-0と
    良績が集中している

ニュートンテソーロは前走のポラリスステークスは昇級初戦ながら2人気に支持されていた実績面を評価している。今回は前回より人気が落ちるので、妙味があるだろう。また、本馬は関東馬であり、長距離輸送(阪神→福島)がなくなるのは大きな強調材料だろう。距離延長ローテで位置を取れることもプラス。それに加え、明け3戦目は2-0-0-0と良績が集中しており今回も期待できる。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 左回り>右回りの印象がある
  • 良馬場で全3勝を挙げており
    ☔雨予報なのはマイナス
  • オープンで通用する力はまだない印象

本馬の成績を見ると、左回り>右回りの印象がある。右回りでレースが行われるのはマイナスだろう。また、良馬場で全3勝を挙げており、週末の☔雨予報は歓迎でない。近走のレースを見ると、爆発力がなくオープンで通用する力はまだない印象がある。

🏇メイショウウズマサ(岩田)

【考察】
この馬は4番手以下予定。強調材料は5点

  • 4走前のプロキオンステークスで
    3着に好走している
    • 近走、オープン競争で
      成績が安定している
  • 逃げ脚質であり、馬場傾向が恵まれれば
    逃げ粘れる可能性がある
  • 全5勝を14頭以上の時に挙げている
  • 稍重以上の時に3-1-3-2なので
    週末の☔雨予報はプラス
  • 引き続き岩田康騎手が騎乗する

メイショウウズマサは4走前のプロキオンステークスで3着に好走している。ローカル中距離重賞をはじめとして、オープン競争で成績が安定しているのはプラス。また、本馬は逃げ脚質であり、前有利の馬場傾向になれば逃げ粘れる可能性がある。それに加え、全5勝を14頭以上の時に挙げており、頭数が揃うことも歓迎。本馬は稍重以上の時に3-1-3-2なので、週末の☔雨予報はプラスだろう。引き続き岩田康騎手が騎乗することもプラス。馬場・展開に恵まれれば連勝の可能性はある。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 1400m以下で全4勝を挙げている
    • 苦手な距離延長ローテがどうか
  • 逃げてしか勝利がなく
    徐々に位置を上げ、直線を迎えられる
    という勝ち馬のイメージと異なる

本馬は1400m以下で全4勝を挙げており、苦手な距離延長ローテで迎える1700mという距離がどうか。また、逃げてしか勝利がなく、「徐々に位置を上げ、直線を迎えられる」という勝ち馬のイメージと異なることもマイナス。

🏇サンライズラポール(西村淳)

【考察】
この馬は4番手以下予定。強調材料は4点

  • 前走は苦手な距離延長ローテ
    先行馬に有利な展開の中
    差し競馬になってしまったので
    度外視でよい
  • 今回は得意の距離短縮ローテで
    出走できる
  • 2,3走前はオープン競争で
    上がり最速の末脚を繰り出している
  • 馬場が渋った際に全4勝のうち
    3勝を挙げている
    • ☔雨予報はプラス

サンライズラポールは前走、大敗している。ただ、苦手な距離延長ローテ、先行馬に有利な展開の中、差し競馬になってしまったので度外視でよいと考える。今回は得意の距離短縮ローテで出走でき、前走よりパフォーマンスを上げてくるだろう。2,3走前はオープン競争で上がり最速の末脚を繰り出しており、オープン競争で勝ち負けになる力はある。本馬は馬場が渋った際に全4勝のうち、3勝を挙げている。週末の☔雨予報はプラスだろう。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 後方からの競馬になることが多く
    徐々に位置を上げ、直線を迎えられる
    という勝ち馬のイメージと異なる
  • 新馬戦以外、1600m以上の
    レースで馬券内がない

近走内容を見ていると、後方からの競馬になることが多く、「徐々に位置を上げ、直線を迎えられる」という勝ち馬のイメージと異なるのが気になる。また、新馬戦以外、1600m以上のレースで馬券内がなく、ベストは1400mと考える。ここでは手を出しづらい。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇ミヤジコクオウ(古川吉)

この馬は単穴予定。強調材料は4点

  • 3走前に東海ステークスに出走している
    実績面を評価
    • ダート中距離は
      チャンピオンズカップ
      東海ステークスなどの中距離重賞に
      出走していることが強い馬の証
  • 近走は苦手な距離延長ローテ
    得意ではない芝と不利が多かった
    • 今回は久しぶりの距離短縮ローテで
      出走できる
  • 全3勝を挙げている右回りでのレース
  • 7走前の三宮ステークスで
    サンライズホープと0.4秒差の2着
    先行できれば地力で押し切れる可能性

ミヤジコクオウ3走前に東海ステークスに出走している実績面を評価している。ケンシンコウの考察でも話したが、ダート中距離はチャンピオンズカップ、東海ステークスなどの中距離重賞に出走していることが強い馬の証と考えてよい。また、近走は苦手な距離延長ローテ、得意ではない芝と不利が多かったので馬柱が汚れているが気にしなくて良いだろう。今回は久しぶりの距離短縮ローテで出走できることはプラス。また、全3勝を挙げている右回りでのレースは歓迎。右回り×ダート戦は4走前のポルックスステークス7着(0.6秒差負け)以来で期待できる。7走前の三宮ステークスでサンライズホープと0.4秒差の2着の経験があり、先行できれば地力で押し切れる可能性がある。

他馬の短評

ここは全頭眺めるので
良いところしか話しません!

  • アンセッドヴァウ
    • 平城京ステークスで
      今回人気するエクレアスパークルに
      勝利している
    • そのレースでの勝ち方が
      ローカル1700m向きな印象
    • 右回り>左回りの戦績で
      舞台替わりはプラス
  • ケイティクレバー
    • 前走は障害明けダート1戦目で
      今回はダートへの慣れが見込める
    • 先行競馬を元々していた馬なので
      先行競馬できれば
  • ダンツキャッスル
    • 2,3走前は1700m戦で
      スワーヴアラミスと
      僅差の競馬をしている
    • 大沼ステークスで
      スワーヴアラミスに勝利している
  • ハギノアトラス
    • 3走前の師走ステークスで
      先行して2着
    • オープン競争で連対する実力がある
    • 得意の距離短縮ローテで出走できる
  • ブラックアーメット
    • 2勝クラス時代に
      小倉ダート1700mを勝利している
    • 3走前のベテルギウスステークスで
      オープン競争、2人気に支持されていた
    • 2走前の川崎記念で
      チュウワウィザードに1.0秒差
      • 上がり2位の末脚を使い
        2着に0.1秒差
  • ベルダーイメル
    • 4走前のラジオ日本賞で
      オープン競争、1人気に支持されていた
    • 3走前の太秦ステークスでも
      オープン競争、1人気に支持されていた
    • 2走前の門司ステークスで
      今回人気が予想される
      エクレアスパークルより
      上位の4人気に支持されていた
      • その際は+12kgの
        馬体重だった
    • 前走の2000mは長かった
      • 距離短縮ローテで出走できる
  • ペオース
    • 結果こそ出ていないが
      前走の仁川ステークスで
      位置を上げて直線を迎えられている
    • 戦績が4-0-0-9とピンかパーである
    • 1700m戦で1勝している
  • ラーゴム
    • ダート2戦目で前進が見込める
    • 天才サメカツ騎手が騎乗する
      • 先行競馬ができればチャンスあり
    • 3走前中日新聞杯で
      3人気に支持されていた
    • 4走前のアンドロメダステークスで
      ボッケリーニに勝利している
  • ヴィーダ
    • 先行力がある
    • ダート1700mで4連対している

現時点の予想

現時点予想

◎ケンシンコウ
○エクレアスパークル
▲ミヤジコクオウ
△ブラックアーメット
△ベルダーイメル
★ラーゴム
消ニュートンテソーロ

月:WIN5回顧記事
火:天皇賞・春(GⅠ)
水:端午ステークス
木:スイートピーステークス
金:吾妻小富士ステークス
土:ブリリアントステークス
日:WIN5最終予想

以上、【吾妻小富士ステークス(OP)予想】~☔予報だと恵まれる馬は?!~でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

☔が残れば、外枠でマクれる馬を中心に狙う予定。このレースは枠順を見てから決めたい。