【天皇賞春編】1人気の取捨は難しい…~WIN5回顧~

アクセスありがとうございます
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

2022年5月1日に行われた
WIN5のレース回顧します。

今回の回顧ではどうしたら
買えなかった馬が買えるようになるのか。
気付きから今後活かせることはないか
振り返ります🐎

本ブログの回顧は、買い目、買い目の根拠
結果、結果の振り返り
当てた場合は「収穫」
外した場合は「当てるにはどうしたら?」
として学べるような構成になっています。

当てていても、外しても「継続すること」
「改善すること」は見えてくると考えます✨

いーの

何か1つでも学ぶこと
モットーに書いています🐎
最後までご覧ください!

自分が実際にWIN5を購入した際に学んだことをまとめてあります。

WIN5各レース回顧

5月1日のWIN5予想

買い目の詳細はブログをご覧ください!

①ブリリアントステークス(自信度:C)

◎7.リッターシュラーク
○2.アメリカンフェイス

▲12.スマッシングハーツ
△8.ヒロイックテイル
★16.アルドーレ
☠6.ハヤブサナンデクン

■結果(堅)
1着★16.アルドーレ
2着☠6.ハヤブサナンデクン

2000m以上で勝利がある馬を狙うというスタンスは正解。というか、ダートって先行できる強い馬探せばいいんじゃね??(何度目のミスか)

学び活かせてねーぞ!
スタート直後の1コーナー

ダート長距離は先行してナンボ
桃枠内を取れる馬を狙うべきだった

4コーナーから直線に向かうまで

直線を迎えるまでに桃枠の位置を取らないと
勝ち切るまでは厳しい印象を受けた

★振り返り

勝ち馬の★16.アルドーレは得意の先行競馬をして、最後は押し切った。4コーナーであの位置を取られた時点でお手上げだった。ダート長距離は先行できる実力馬を狙う!穴を狙うことは悪いことではないが、穴なら先行できる馬を狙うようにしよう(何度目やねん)今の自分が穴の差し馬を狙うのは早い。反省。あとレーン騎手上手でした。

「今日はいいスタートを切って、いいポジションにつけられました。タフな馬なので、ペースが速かったのはよかったです。強い馬です」

https://news.yahoo.co.jp/articles/f875752df8d29b0033603ca8a11bd20aa57eebf2

◎7.リッターシュラークは1コーナーの位置取りで厳しいなと感じた。あの位置で競馬をすると勝ち負けには参加できない。3走前の再現に期待したのですが…脚質的な成長がないと、オープンで勝ち切るまでは厳しい

○2.アメリカンフェイスはしたい競馬をしてくれた。位置を取り、直線では最後まで伸びていた。この馬は距離延長でこそ!勝つとしたら東京ダート2100mしかないとは思います。今後、WIN5で狙うとしたらブラジルカップですかね。その時は距離延長ローテ×内枠×詰まったローテで出走することを祈っています。

「道中は良い感じでしたし、直線でうまく外に出すことが出来ました。よく頑張って走ってくれました。もう少し時計のかかる馬場の方が力は出せると思います」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202631

まだ穴を開ける可能性はあるはず…!

▲12.スマッシングハーツは広い競馬場は合っていますが、距離が長かった印象。距離延長ローテも得意ではないですしね。また、外が伸びる馬場の中、内を突いてしまったのも伸びなかった原因かも。今後は、距離短縮の際の1800m~1900mで狙いたい。

△8.ヒロイックテイルは先行競馬をすることは出来たが、砂を被されてスムーズさを欠いた。そうなると厳しい。今後、2000m超のレースで穴を開ける可能性はあるが、頭まではもうないなと感じました。

☠6.ハヤブサナンデクンは2着に好走したものの、WIN5では狙いづらいと改めて感じた。強さはあるものの、どうしても最後に差されてしまう。まさに今回そんな展開だった。狙い時は難しいが、狙う時はあると考えるのでその時に期待。

★当てるにはどうしたら?
  • ダート長距離は先行できる実力馬を狙う
    • 5人気以内からどの馬が
      先行できそうか近走から見る
      • スマート出馬表のテンP15・30の馬
  • 差しの穴馬を狙うのはまだ早い
まだあなたに穴は早いです笑

②端午ステークス(自信度:C)

■最終予想(荒)
◎4.グッドディール
○8.バトルクライ
▲9.クロジシジョー
△10.ラヤス
★5.ジレトール
☠2.リメイク

■結果(堅)
1着☠2.リメイク
2着★5.ジレトール

堅い!!!例年は昇竜ステークスとリンクしないのが、端午ステークスなのだけど…。仕方なし。来年以降もスタイルは変えない。

砂に揉まれてもこの強さ

★振り返り

勝ち馬の☠2.リメイクは「内枠で砂を被る」、「未勝利の右回り」、「唯一の57kg」と不安を一蹴し勝利。想像していた以上に強かった。また、昇竜ステークスで先行していたとはいえ、上がり2位の末脚を使っていた。そこを評価するべきだった。上位の上がりが使えている馬を狙う際は、先行馬といえど上位の上がりを使えていたら評価を下げない。器用な競馬が出来るので、馬体重を増やして今後のダート界を盛り上げてほしい。あと、福永騎手は上手でした。

「次はマイルのレースが目標になるので、こういう競馬をしておきたかった。最後までしっかり脚を使って、いい内容で勝てた。先々まで期待している馬なので、いい経験になったと思う」

https://news.yahoo.co.jp/articles/c94165c30c599c63702ece4b738d94dd322c04ff

福永騎手もリメイクのこと期待しているんですね。楽しみです。

◎4.グッドディールはして欲しい競馬をしてくれた。「ペースが遅い」、「馬場が軽い」こともあり外差し競馬をしたが届かなかった。パサパサダートの方が向いている印象を感じたので、次走以降は関西圏のパサパサダートで狙ってみたい。グッドディールは凡走してしまったが、来年以降も端午ステークスの狙い「昇竜ステークスで凡走した組を狙う」というスタイルは崩さずいきたい。

○8.バトルクライ▲9.クロジシジョーはどちらも距離延長ローテが厳しかった。両馬共に1400mに距離慣れした頃に改めて見直したい。

△10.ラヤスはいつもの追い込み競馬だった。馬場的にも後方一気は厳しかった。位置を取れるようにならないとWIN5では狙いづらい。

★5.ジレトールは先行競馬のお手本のような形だった。人馬共に完璧なレースをしたが、リメイクに差されてしまった。今できる精一杯の競馬はしただろう(川田騎手風)器用な馬なので、成長次第では買う可能性があるので、今後の成長に期待。

★当てるにはどうしたら?
  • 上位の上がりを使える馬を狙う場合
    前走で先行競馬をしていても
    上がり3位以内を使えていたら

    評価を下げない

③吾妻小富士ステークス(自信度:C)

■最終予想(荒)
◎8.ラーゴム
○4.エクレアスパークル
▲3.ケンシンコウ
△14.ハギノアトラス
★10.ミヤジコクオウ
☠11.メイショウウズマサ

■結果(荒)
1着◎8.ラーゴム
2着ー7.サンライズラポール

ドンピシャ予想通りだった。サメカツ騎手なら馬場と展開を考えて、ラーゴムの良さを引き出して乗ってくれると思っていた。

4コーナーでこの位置を
取れていることが素晴らしい

★振り返り

勝ち馬の◎8.ラーゴムは二の足の遅さが課題。それを補うために、今回はサメカツ騎手がロケットスタートから、押して押して2~3番手まで位置を取った。

1コーナーまでに位置を押して出していく

思ったより進んでいかなかったが
それでも押して出していく

1コーナーで2,3番手を付けた

ここの位置取りの時点で買ってよかったと思わせてくれた。重賞で好勝負できる実力があるので、地力勝負になれば勝ち負けと予想していた。直線ではサンライズラポールとの追い比べに勝ってくれた。

「今日はしっかりポジションを取りに行きたいと思っていましたし、陣営からもそういうオーダーがありました。枠も良く、展開も上手く噛み合いました。力はある馬です。上手く噛み合うのが難しいところがありますが、噛み合った時のパフォーマンスは重賞でも十分やれると思います」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202639

ラーゴムの次走はどこになるのでしょうか、中央ダートだと正直厳しいような気がする。狙うのであれば、ローカル1700mあたりですかね。

競馬エイトの調教ランキングは本当に参考になる!(今回、WIN5対象レースの勝ち馬全て推奨されていた)

○4.エクレアスパークルは4コーナー手前から動き出しているが、内枠の分スムーズにレースができなかった。また、脚抜きの良い馬場もあっていない印象を受けた。8歳馬であるが、状態が良ければローカル1700m×外枠×パサパサダートでは狙いたい。引き続き中央ダート1800mでは軽視で良いと予想。

▲3.ケンシンコウは最後追い込んできているように、メンバー内で地力上位。ただ、最後方から追い込んでくると勝ち切るまでは厳しかった。

「今日は前回のレースのように行けませんでした。あれ以上出して行くとかかってしまいますし、気持ちが難しい馬です。ただ今まで連続して好走したことが無かったですし、連続して好走できたのは収穫だと思います」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202639

あれより位置取ると掛かってしまうんですね…難しい馬です。ケンシンコウはムラがある馬なので、人気薄で1発を期待できる時に狙いたい。6人気以下あたりで狙います。

△14.ハギノアトラスは外枠から先行し、理想に近い競馬をした。ハギノアトラスはエクレアスパークルとは逆に、中央のダート1800mで見直したい。3走前の師走ステークスのように先行して粘れる馬場であれば、勝ち切るまであっても。

★10.ミヤジコクオウは久しぶりの直線平坦コースで見直したいと思ったが厳しかった。陣営コメントにもあったように、気分が乗らないと走らないようで…。今後もそのようなクセが出てしまうと厳しい。次走以降の狙い目はもうないと感じた。

☠11.メイショウウズマサは脚抜きの良い馬場は向いていますし、実力もある。ただ、上級条件のローカル1700mで逃げ切るのは相当難しい。今回も最後に差されてしまった。実力は認めているだけに1400m以下で見直したい。ピンポイントだが、次走以降は渋った中京ダート1400mで狙いたい。

収穫

  • ローカル1700mは位置取りゲームなので
    馬場・相手関係を考えて
    乗ってくれる騎手を優先して選ぶ
    • 今回であれば、サメカツ騎手

④スイートピーステークス(自信度:C)

■最終予想(堅~荒)
5.シークルーズ
○6.ラリベラ
▲4.ウインエクレール
△7.フィールシンパシー

9.コントディヴェール
☠8.ローブエリタージュ

■結果(堅)
1着▲4.ウインエクレール
2着
9.コントディヴェール

渋ったら前の馬でした。差し馬買ってしまいました。反省。

4コーナーでこの位置から
上がり2位の末脚を使えている

★振り返り

勝ち馬の▲4.ウインエクレールは3番手と先行競馬をし、ロスなく直線を迎えた。直線では内を突いて、抜け出した。切れ味が甘い印象だったが、渋ったことでその欠点が補われたのだろう。距離が伸びることは歓迎でなさそうで1600m~1800mが適性の印象がある。

「行きっぷりがすごかったです。ただいざ追い出すとフワッとして若いところを見せていました。スピードのある馬でベストは1600mぐらいが良いのかなと思います。ポテンシャルの高い馬だと思います」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202641

Mデムーロ騎手も1600mくらいが良いと話していますね。ウインブライトの妹ということもあり、中山で狙ってみたいです。過剰人気にならなければですけど…。

WIN5的中のカギに「雨が渋った際は前の馬」と書いてある。アメジストステークスで学んだはずなのに…忘れてました!

★アメジストステークス

 ノースブリッジ

 重馬場であれば、前!

 とにかく前にいく馬を優先する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

次回以降は同じミスをしないように!

5.シークルーズは「馬場が合わない」、「距離延長ローテ」と不利が重なり伸びなかった。良馬場×距離短縮で見直したい。小柄なので、もっとカイバ食べて大きくなってください笑

「非力なのでこの馬場はこたえました。バネのある良い馬だと思います」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202641

戸崎騎手のコメントを見る限り、良馬場なら巻き返しの余地はありそう。

○6.ラリベラは初の関東輸送で-14kgの馬体重減だった。その条件下で控えて3着まで来れたのは収穫だろう。次走以降狙うのであれば、輸送がなくなった関西圏の牝馬限定戦ですかね。

「意外性のある馬で色々な競馬をしてくれます。乗っている僕を楽しませてくれます」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202641

松本君面白いこと言ってます笑

△7.フィールシンパシーは直線途中までいい脚で伸びてきたが、最後ピタッと止まってしまった。距離が長い印象を受けた。その上使える脚は長くなさそうなので、中山マイルの牝馬限定戦っで改めて見直したい。

9.コントディヴェールは前走見せてくれた脚をここでも披露してくれた。稍重でこのレースが出来るのであれば、良馬場の次走以降で狙う時はあると予想。東京でも中山でも対応できそうで、期待している。

☠8.ローブエリタージュは手塚調教師のコメント通り、渋った馬場は合わないのだろう。馬格が小さいのが気になるので、シークルーズ同様、たくさんカイバ食べて大きくなってね!

★当てるにはどうしたら?
  • 芝で渋ったら、人気馬の中で
    前に行ける馬!

    先行できる馬を選ぶようにする!

⑤天皇賞・春(自信度:B)

■最終予想(堅)
◎18.ディープボンド
○9.ヒートオンビート
▲12.ハヤヤッコ
△2.ハーツイストワール
★11.マイネルファンロン
☠7.テーオーロイヤル

■結果(堅)
1着ー16.タイトルホルダー
2着◎18.ディープボンド

タイトルホルダーはマイペースで逃げられると本当に強い。和生騎手も完璧な騎乗でした。初GⅠおめでとう!

3~4コーナーで手応えがあり
やられたなと思い見てました

★振り返り

勝ち馬の16.タイトルホルダーは外枠からスムーズに逃げられた。マイペースで逃げると強さを発揮する馬だと改めて感じた。スタートの1000mは60.5秒、1000m~2000mは63.1秒、ラスト1000mは60.3秒と緩急を付けた素晴らしい展開だった。この競馬を促した和生騎手、それに応えたタイトルホルダーどちらも素晴らしかった。

「返し馬から雰囲気の良さは感じていました。タイトルホルダーと仲良く走ろうという気持ちで、タイトルホルダーに教えてもらいました。ゴールの瞬間は嬉しかったです。自分がGIを勝ったというよりタイトルホルダーと勝てて嬉しかったです。前走乗せて頂いて、今回を踏まえての競馬と思っていたので、しっかり出して行って折り合いも不安がありませんでしたので、後はこの馬を信じてリズム良くと思って運びました。タイトルホルダーが自分でレースを分かっているようで息を入れたいというタイミングで、すっと息が入ってくれました。直線はGIなので甘くはないと思っていましたが、馬はしっかりとしていたので大丈夫だと思いました。親子3代でこのレースを勝てたのは嬉しいです。まず結果を残せたことが今回の仕事を果たせたと思います。タイトルホルダーはまだグッと良くなります。これからも応援よろしくお願いします」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202637

次走は宝塚記念ですかね?パンサラッサとの兼ね合いが鍵になりますね。楽しみです!週中からずっとディープボンド本命でした。とはいえ、馬場には勝てないということを認識。今後は馬場傾向から、思い切って本命を変える選択肢も持ちたいと思います。

馬場には細心の注意を

これは継続されましたね。来年以降も覚えておきましょう。

気になるデータ
  • 天皇賞・春では、芝2400m以上のG1で③着以内のある馬は16年連続で連対し、現在11連勝中。

◎18.ディープボンドはタイトルホルダーにあの競馬をされたらしんどかった。全体がタフに流れる展開でこその良さが発揮される馬。中間の1000mで息を入れられてスローになってしまい、タイトルホルダーに逃げ切られてしまいました。最後の最後にテーオーロイヤルを差しているあたり、この馬は強い。ただ、GⅠを勝ち切るラストチャンスだった気がします…。人気してしまうので扱いは難しいですが、次狙うとしたら宝塚記念、有馬記念ですかね。

○9.ヒートオンビートはもう一列前が取りたかった。前走の競馬を見ると取ってくれるかなとも思ったのですが、折り合い面の不安があり、思ったより位置を取れませんでした。こればかりは長距離なので仕方ありません。器用さがある馬なので、今後の成長に期待です。2500mくらいまでなら対応できると思います。3~5着を彷徨う善戦キャラ感があるので、馬券的には難しい馬です。

▲12.ハヤヤッコはさすがに距離が長かったですかね。武豊騎手も最後の800mで止まりました、と話しているようにタイトルホルダーが再度ペースを上げた最後の800mは厳しかったのでしょう。年齢も6歳で、上積みはどうかという気がするので今後買い時はないかもしれません。

△2.ハーツイストワールは内枠×ルメール騎手らしく、素晴らしい位置取りでした。もしかしたら…と思ってみていましたが、ハヤヤッコ同様、最後の800mで止まってしまいました。

★11.マイネルファンロンは4コーナーの時点で追い出せるよい位置にいて、直線もいい手応えでした。ただ、急坂で止まってしまいました。松岡騎手も話していたように、距離が長かったですね。2500mくらいなら重賞で勝負できるという話があったので、人気しないのであれば中山の中距離GⅡで狙いたいですね。

☠7.テーオーロイヤルは内回りのタフな競馬は初で戸惑って、掲示板を外すかなと考えたのですが…思ったより好走したので、びっくりしました。その上で予想時コメントが以下。

勝ちを収めているのは全て大箱競馬場で、内回りに替わる今回、どの程度のパフォーマンスを見せるかは未知。タフな展開を今回で経験し、来年狙いたいと考えている。

https://keiba-analysis.com/win5-20220501/

今回、タフな内回り戦を経験できたのは本馬にとって収穫。今年これから古馬戦線を盛り上げてくれる存在だと考える。

★当てるにはどうしたら?
  • 馬の実力もそうだが
    馬場には勝てない
  • 前有利の馬場傾向を感じたら
    思い切って本命を変えるという
    選択肢を持つ
シルヴァーソニックは
無事で安心しました

購入馬券

WIN1でした

ひとりごと

以上、【天皇賞春編】1人気の取捨は難しい…~WIN5回顧~でした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました🏇

競馬は切り替えが大切です。
今回の負けから得たものを
来週に絶対活かしましょう。
NHKマイルカップ絶対当てましょう🔥

今週のブログ更新予定です~!
毎日更新の予定ですので、見てくださいね!

体調には気を付けてください!
あとがき

久しぶりの完敗WIN5。とはいえ、こういうこともある。切り替えるしかない。自分が目指すのは帯。ブレずに進む!